2017.06.20

リトルウィッチアカデミア #24 アルクトゥルスへの道

脚本/大塚雅彦 コンテ/小倉陳利

ラス前。飛べなくなったアーシュラ先生は最早「キューティーハニー」の様だった。
Posted at 22:46 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.20

Re:CREATORS #11 軒下のモンスター

コンテ、演出/荒井和人

制作協力/ノーマッド。今週のサブタイは槇原敬之か。故・シマザキ嬢が普通に可愛かった。同じく眼鏡を両手で掛け直す『R.O.D』の読子・リードマンや、同じく広江礼威の『ブララグ』鷲峰雪緒を思い出す。
Posted at 22:45 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.18

『熱海殺人事件』 高橋和男

86年。原作、脚本/つかこうへい、製作総指揮/日枝久、撮影/田村正毅、音楽/久石譲、助監督/阪本順治、撮影協力/篠田昇。
田村正毅的には伊丹十三『タンポポ』(85)の翌年か。本作と同年であり、同じくフジテレビ製作の森田芳光『そろばんずく』(86)を思い出す。
監督の高橋和男はTVドラマ演出の出身で、映画の監督作は本作の1本だけ。以降はプロデューサーなど制作サイドに転向したのか。
勿論『熱海』は舞台の方が圧倒的に優れているが、巷間言われている程本作も悪くないと思う。演劇ファンの色眼鏡もあるのでは。
Posted at 22:00 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.17

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』 こだま兼嗣

脚本/古内一成 コンテ/こだま兼嗣 演出/原田奈奈
キャラデ、総作監/須藤昌朋 デザインワークス/宍戸久美子
作監/河村明夫 糸島雅彦 アクション作監、レイアウトチェッカー/清水義治

01年。原画/奥野浩行。99年『世紀末の魔術師』同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
「黒の組織」物で、灰原哀&少年探偵団がメインと言えるか。超高層ビル火災映画の『ダイ・ハード』や、『タワーリング・インフェルノ』を思い出す。
中盤を過ぎても通常の『コナン』展開なので、緊迫感も無く正直かったるいが、『時計じかけの摩天楼』(97)や『瞳の中の暗殺者』(00)を上回る一点集約型の終盤は凄く盛り上がる。伏線の回収やその構成は、今まで観た『コナン』映画の中で一番上手かったかも。
妻曰く、歩美ちゃんはロリ担当らしい。
2017.06.17

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』 こだま兼嗣

脚本/古内一成 コンテ/こだま兼嗣 演出/佐藤真人 演出補佐/矢野篤
キャラデ、総作監/須藤昌朋 デザインワークス/山中純子 糸島雅彦
作監/清水義治 兵頭敬 山中純子 エフェクト作監/糸島雅彦

99年。原画/伊藤嘉之、千明孝一、釘宮洋。97年『時計じかけの摩天楼』同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
大阪、豪華客船、古城の三部構成で、「怪盗キッド」物。先日観た『摩天楼』からすると、急に映像クオリティが上がって驚く。
前半通天閣頂上で叫ぶキッドが素敵過ぎる大阪編の画作りは中々見事なものだったが、中盤以降はキッドの登場自体ほとんど無くなり、閉鎖的室内芝居が中心なので、通常の『コナン』展開になると言うか失速気味。
『コナン』のキャラの中だと、キッドが一番好きかも(正確に言えば『コナン』のキャラでは無いけれど)。
東京ムービーアニメのロマノフ王朝ネタでは、『ルパン三世』のTVSP『ロシアより愛をこめて』(92)を思い出す。
2017.06.15

『その夜の侍』 赤堀雅秋

12年。原作、脚本/赤堀雅秋。07年、劇団THE SHAMPOO HATの上演作を作、演出の赤堀自身が映画化。
何だか一昔前の北野武映画を思い出す。役者陣の怪演は際立つが、映画ではない。谷村美月の警備員は可愛い。
Posted at 08:59 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.15

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』 こだま兼嗣

脚本/古内一成 コンテ/こだま兼嗣 佐藤真人
演出/佐藤真人 演出助手/山本泰一郎 野上和男 石井和彦 矢野篤
キャラデ、総作監/須藤昌朋 サブキャラデ/兵頭敬 糸島雅彦 森木靖泰 河村明夫 山本泰一郎
作監/河村明夫 高谷浩利 宍戸久美子 佐々木恵子 清水義浩 兵頭敬 牟田清司
エフェクト作監/糸島雅彦 エンディング撮影/篠田昇

97年。原画/伊藤嘉之、小松原一男、大塚健、松島晃。
09年『漆黒の追跡者(チェイサー)』同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
旧劇『エヴァ』と同年の、劇場第1作。爆弾魔の建築家である対・森谷帝二(モリアーティ教授)編。
『ダイ・ハード3』(95)や、『新幹線大爆破』(75)、『古畑任三郎/赤か、青か』(96)等を思い出す。
言わば「やっつけ仕事」なのか、とにかく作画が怪しい。些かボリュームは物足りないけれど、『瞳の中の暗殺者』(00)と同じく一点集約型の終盤は盛り上がる。
2017.06.15

リトルウィッチアカデミア #23 Yesterday

脚本/大塚雅彦 コンテ/川畑喬

制作協力/寿門堂。やっぱり何となく『カレイドスター』を思い出す。
Posted at 08:50 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.13

有頂天家族2 #10 偽右衛門の決まる日

コンテ/Team P.A

前作に比べ各話構成のブツ切り感が気になる。四国/金長一門が住まう白峰相模坊の奥座敷デザインは良かった。
Posted at 22:24 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.13

ID-0 #10 縮退履歴

コンテ/須永司

妻と二回観る。王道の谷口展開が全開。子安のテンションやボキャブラリー、CGの芝居付けは勿論、今までの中で一番見応えがあった。
Posted at 22:22 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.12

『牝猫たち』 白石和彌

17年。未見の妻と見直し。リュック女子が歩き回る映画が好き、井端珠里も結構好み。何だか『ラブ&ポップ』(98)や『バウンス ko GALS』(97)が改めて観たくなる。
Posted at 10:46 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.12

『ロケーション』 森崎東

84年。原作/津田一郎、脚本/近藤昭二、森崎東。
橋本忍『幻の湖』(82)に続いて知人に薦められたので、借りたDVDで観る。
松竹の森崎東が撮るピンク映画版のトリュフォー『アメリカの夜』、ゴダール『軽蔑』な松竹大船調人情喜劇。
何だか松竹の田中絹代話を東宝、日活、大映等を渡り歩いた市川崑が東宝で撮った『映画女優』を観る様で。
『幻の湖』と同じくメンヘラ女の怪談映画でもあり、森崎東らしく奇妙なバランス、後半展開は予想の斜め上。
あと岡本喜八や、鈴木則文、相米慎二『お引越し』、鈴木清順『悲愁物語』、イーストウッド『恐怖のメロディ』を思い出す。
西田敏行、柄本明、竹中直人、佐藤B作、美保純が当然ながら全員若い。
美保純のキャラがアレ過ぎて、全員が海から駆け上がる逆再生ラストは香ばし過ぎる。
Posted at 10:44 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.12

2017年7月新番TVアニメ

一応初回を観る予定なのは下記の9本(ウチの放送順)。

賭ケグルイ
Fate/Apocrypha
活撃/刀剣乱舞
メイドインアビス
将国のアルタイル
プリンセス・プリンシパル
ボールルームへようこそ
魔法陣グルグル
THE REFLECTION WAVE ONE
Posted at 10:41 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.12

Re:CREATORS #10 動くな、死ね、甦れ!

コンテ/加藤誠 あおきえい

「あじゃらかもくれんきゅうらいす」って叫ばなくて、ちょっとがっかり。
以下はサブタイの元ネタ一覧。

1 素晴らしき航海/デヴィッド・ボウイ
2 ダイナマイトとクールガイ/ムーンライダーズ
3 平凡にして非凡なる日常/EGO-WRAPPIN'
4 そのときは彼によろしく/市川拓司
5 どこよりも冷たいこの水の底/?
6 いのち短し恋せよ乙女/MOSHIMO
7 世界の小さな終末/モルデカイ・ロシュワルト
8 わたしにできるすべてのこと/松田聖子
9 花咲く乙女よ穴を掘れ/ムーンライダーズ
10 動くな、死ね、甦れ!/ヴィターリー・カネフスキー
Posted at 10:40 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.09

『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』 山本泰一郎

脚本/古内一成 コンテ/山本泰一郎 コンテ協力/西森章 奥脇雅晴
演出/山本泰一郎 そえたかずひろ 辻泰永 キャラデ、総作監/須藤昌朋 デザインワークス、作監/山中純子
レイアウトチェッカー、作監補佐/野武洋行 牟田清司 清水義治 堀内博之 かわむらあきお 本橋秀之

09年。06年『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
山本泰一郎時代、「黒の組織」話、東京タワーアニメの系譜。
劇場『コナン』としてはオーソドックスに感じる古内一成脚本。中盤、レイアウトのパースや、作画修正、演出チェック諸々が怪しい。
『カウボーイビバップ/天国の扉』や、『シティーハンター3』OP、『クレヨンしんちゃん/オトナ帝国』、劇場『ゴルゴ13』等を思い出す、終盤東京(東都)タワー上部での対改造アパッチとのアクションはメカメカしくて良かった。
2017.06.09

『新宿泥棒日記』 大島渚

脚本/田村孟 佐々木守 足立正生 大島渚
撮影/吉岡康弘 仙元誠三 美術/戸田重昌

69年。『東京戦争戦後秘話』(70)からの見直し。唐十郎/状況劇場の『由井正雪』(68)、60年代アングラの記録、和製ゴダール演出・構成。
庵野秀明『ラブ&ポップ』の元ネタなのか。横尾忠則は手塚とおる、唐十郎は息子の大鶴佐助に良く似ている。
本作の横山リエしかり、前述『東京戦争戦後秘話』の岩崎恵美子しかり、フォトジェニックな女優の趣味が良いと思う。
Posted at 21:58 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.07

ID-0 #9 真誠探求

コンテ、演出/林直孝

イドの正体ばらし。エキセントリックな子安仮面が前面に出てくると、いかにも谷口悟朗アニメのラスボスキャラっぽくて悪くなかった。
近作だと『純潔のマリア』の櫻井孝宏を思い出す。
Posted at 22:47 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.07

有頂天家族2 #9 それぞれの二代目

コンテ/Team P.A

前回ラスト、海星話の続きは? 冒頭、矢三郎の適当な鼻歌が良かった。
Posted at 22:45 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.07

リトルウィッチアカデミア #22 シャリオとクロワ

脚本/うえのきみこ 島田満 コンテ/小林寛

原画/堀剛史。シャリオ/アーシュラ先生の真相ばらし山場を、#18に続く小林寛コンテで。
前半ヘイトスピーチ云々は、トリガーとカラーの温度差か。
後半吉成ライクな超絶アクション作画からの流れは、ここぞとばかりに凄く力が入っていて素晴らしかった。
Posted at 22:43 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.05

『東京戦争戦後秘話』 大島渚

主題/大島渚 田村孟 脚本/原正孝(原将人) 佐々木守
撮影監督/成島東一郎 美術/戸田重昌 音楽/武満徹

70年。『少年』(69)からの見直し。全共闘風景論映画。押井守や阿部和重の元ネタなのか。映像スタイルは『新宿泥棒日記』(69)に近い。
後年『20世紀ノスタルジア』(97)の原将人は、もう1本くらい商業映画を監督して欲しかったが、難しいか。
主演の後藤和夫は、しばしば鈴木一真に見える。
Posted at 05:27 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.05

Re:CREATORS #9 花咲く乙女よ穴を掘れ

コンテ/林宏樹

魔法少女、死す。御都合主義展開は単線的で、他キャラ達は休止中。坂本真綾の台詞量が何気に凄かった。
Posted at 05:23 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.04

『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』 シベリア少女鉄道

作、演出/土屋亮一。赤坂見附駅/赤坂RED/THEATER。
全席指定¥4,000。平日20:00開演からの約1時間45分。
以前から興味があったので観る。「ベタがメタになるネタ」(by佐々木敦)。
メロドラマの断片群が無限ループするバッドトリップリミックスからの「ピタゴラスイッチ」オチ。
根本宗子の元ネタか。鴻上尚史や、ロロ(三浦直之)、少年王者舘(天野天街)を思い出す。
土屋亮一の履歴通り、テレ東やNHK深夜のコント番組そのまま。全体として素人芝居だし、演出の底も浅い。
個人的には昨年観た中で言うと、城山羊の会(山内ケンジ)や遊園地再生事業団(宮沢章夫)の方が圧倒的に好みだが、場内は満員の大ウケだった。


たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す
Posted at 22:53 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.04

『動くな、死ね、甦れ!』 ヴィターリー・カネフスキー

89年。以前購入したDVDで観る。
『大人は判ってくれない』(59)や『小さな恋のメロディ』(71)と比較される程、80年代後半の映画とは思えないクラシカルな第二次大戦直後、旧ソ連収容所の地獄絵図。
ロシア映画は五月蝿くて汚なくて良い。確かに歴史的な傑作だと思うが、アレクセイ・ゲルマンやセルゲイ・ボンダルチュクの方が好みかも。
大島渚『少年』(69)や、テオ・アンゲロプロス『霧の中の風景』(88)、エドワード・ヤン『牯嶺街少年殺人事件』(91)を思い出す。
主人公の少年少女は、『有頂天家族』の矢三郎、海星と被る。
Posted at 22:49 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.01

『キングス&クイーン』 アルノー・デプレシャン

04年。96年『そして僕は恋をする』からの、未見の妻と見直し。病院映画。
ドグマ95を思わせる撮影はちょっと気になるが、傑作であり、題名も秀逸。博物館でのエピローグは、何度観ても素晴らしい。
カトリーヌ・ドヌーヴの女医が押井守アニメに出てくる榊原良子の様で良い。やっぱりマチュー・アマルリックと三上博史は似てると思う。
Posted at 22:28 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.01

『そして僕は恋をする』 アルノー・デプレシャン

96年。ウディ・アレン『私の中のもうひとりの私』(89)からの見直し。
アルノー・デプレシャンの代表作、約3時間の恋愛思索映画、「ヰタ・セクスアリス」。
精神分析的、随筆、哲学、批評的。捻くれた各キャラの言動や関係図、細部が一々面白い。青山真治の『WiLd LIFe』(97)を思い出す。
初期デプレシャン映画の常連だったマリアンヌ・ドニクールは、デプレシャンと色々あって以降見ないのが残念。
キアラ・マストロヤンニは、マルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの娘だったのか。マチュー・アマルリックと三上博史は似てると思う。
Posted at 22:25 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.06.01

ID-0 #8 荷電噴流

コンテ/須永司

キャラの言動が軽くなって少し上向く。谷口アニメでは珍しく楽屋オチの、『ぱにぽにだっしゅ!』(05)を思い出す黒板ネタも悪くない。
Posted at 22:23 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.31

有頂天家族2 #8 夷川海星の秘密

コンテ/Team P.A

やっぱり矢四郎(中原麻衣)が可愛い。今更ながら毎回BGのクオリティは凄い。
Posted at 10:57 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.31

リトルウィッチアカデミア #21 ワガンディア

脚本/島田満 コンテ/小倉陳利 アクション作監/中川英樹

制作協力/スタジオリングス、寿門堂。相変わらず「言の葉」話自体は面白くないが、見せ場のアクション作画やその一連のテンションは良かった。
Posted at 10:55 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.29

Re:CREATORS #8 わたしにできるすべてのこと

コンテ/林宏樹

とにかく串刺しからの「マジカルスプラッシュフレア」が凄かった。
『喰霊-零-』、『Fate/Zero』、『アルドノア・ゼロ』の監督であり、『BLACK LAGOON』の作者らしくラストの引きは上手いと思う。
Posted at 21:24 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.27

MONSTER #72、73

#72 名前のない男
#73 終わりの風景

#72 コンテ、演出/高橋亨 作監/赤堀重雄 原画/森田宏幸
#73 コンテ/小島正幸 高橋亨 作監/津幡佳明 原画/森田宏幸 葦野好春(芦野芳晴) 尾崎和孝

フランツ・ボナパルタやロベルト等、ラス前の最終ネタばらしが二連続。
#72はゲイコマな細部演出が光る。ルンゲがやはりカッコ良い。
#73の作画は最早総力戦染みて、雨濡れバージョン+絵柄が濃い目のやや別人になり、マッドハウスっぽいと言うか、川尻善昭っぽいと言うか。
本放送当時は約70本を費やして結局撃たないのかと落胆したが、改めて観ると感慨深い。
Posted at 22:15 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.27

『幻の湖』 橋本忍

82年。製作、原作、脚本/橋本忍、特撮監督/中野昭慶。
ウディ・アレン『私の中のもうひとりの私』と同じく知人に薦められたので、借りたDVDで観る。
黒澤明か森谷司郎的演出、散漫な構成。橋本忍脚本としては『日本沈没』(73)や、『砂の器』(74)、『八甲田山』(77)、『八つ墓村』(77)、『影武者』(80)等の流れか。
動物映画としては蔵原惟繕『キタキツネ物語』が78年、同じく蔵原『南極物語』が83年、畑正憲『子猫物語』が86年、神山征二郎『ハチ公物語』が87年。
何となく池田敏春『人魚伝説』(84)や、岡本喜八『ブルークリスマス』(78)、『王立宇宙軍』(87)等も思い出す。
トルコ嬢(ロマンポルノ?)、マラソン、犬、犯人の作曲家(『砂の器』?)、戦国時代(浅井長政の妻・お市の方)、琵琶湖、スペースシャトル等、題目の並びやその意図はイマイチ不明だが、小松左京や山田正紀小説みたいなものかも。
冗長な場面が多く、予告編や特報を観ても計90~120分程度まで短く編集すればもっと面白かったと思う。
Posted at 22:11 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.27

ID-0 #7 生存宙域

コンテ/須永司

マヤ、クレア等、折角の村田蓮爾美少女の見せ場がイマイチ乏しいのもマイナス。
岸誠二『アルペジオ』(13)以降のサンジゲンと、水島努『SHIROBAKO』(14-15)以降のP.Aの、ヒット作後の迷走振りはちょっと似ていると思う。
Posted at 22:04 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.25

リトルウィッチアカデミア #20 知性と感性

脚本/島田満 樋口七海 コンテ/小松田大全

「ダイアコ」的には中々充実した回だった。
Posted at 10:54 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.24

有頂天家族2 #7 金曜倶楽部、再び

「夷川早雲、此れより冥土へ罷り越す」

コンテ/Team P.A

早雲の最期は中々カッコ良かった。
Posted at 23:55 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.24

『私の中のもうひとりの私』 ウディ・アレン

89年。脚本/ウディ・アレン、撮影/スヴェン・ニクヴィスト。
『重罪と軽罪』と同じく知人に薦められたので、借りたDVDで二回観る。
夢、精神分析の映画。行定勲『ジムノペディに乱れる』に続くエリック・サティ「ジムノペディ」。
本作と同年の『重罪と軽罪』より増してアルノー・デプレシャンや、イングマール・ベルイマン、『アイズ ワイド シャット』(99)を思い出す。
ウディ・アレン自身が出演していない方が地味で渋くなり上手さが際立つと言うか、『重罪と軽罪』より良かった。
Posted at 23:53 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.24

『クリーピー 偽りの隣人』 黒沢清

16年。原作/前川裕、脚本/黒沢清、池田千尋、撮影/芦澤明子。
黒沢清の定番夫婦物で、『叫』(07)に続く刑事物と言うか、『CURE』(97)の同系統。
『LOFT』(06)の頃からすると西島秀俊のポジションが変わり、近年の主演作(『MOZU』や『ストロベリーナイト』)と同様の主人公キャラに。
前半はイマイチだったが、後半はトビー・フーパー『悪魔のいけにえ』へのオマージュや、黒沢清のグランギニョル趣味が全開。
怪作揃いの00~10年代黒沢清監督作の中でも『贖罪』(12)以来と言えるか。ドローンを用いた空撮も良かった。
確かに西島秀俊と香川照之の配役は逆にしても有りだったかも。
Posted at 23:50 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.24

『ビンローの封印』 劇団唐組

作/唐十郎、演出/久保井研、唐十郎、原画/KUMA・篠原勝之。雑司ヶ谷/鬼子母神境内、紅テント。前売券¥3,500。
土曜19:00~21:00の、途中10分休憩含む、約2時間。
初演は92年。「冬が来る前に」(77)、「時の流れに身をまかせ」(86)、台湾、グジ(甘鯛)、和辻哲郎、偽ブランドの闇マーケット、ビンロー(檳榔)、大海原。
昨秋の『夜壺』に続き、赤松由美が連続で主演。赤松由美の生乳。
舞台上はいつも以上のカオス振りが炸裂し、同じく主役を演じた福本雄樹の唾液や発汗も増して凄かった。
辻孝彦、久保井研の安定感は勿論だが、新人/福原由加里の少年役や、客演の二人(熊野晋也、全原徳和)も健闘。気田睦は退団したのか。
国境を越えロマン溢れる壮大な展開や情景は野田秀樹の『キル』(94)等を思い出す。野田秀樹が演出した唐十郎戯曲が一度観てみたい。
大鶴佐助らしき方を客席で見た。


ビンローの封印 1


ビンローの封印 2
Posted at 23:46 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.23

Re:CREATORS #7 世界の小さな終末

コンテ、演出/高橋順

制作協力/ウィルパレット。あおきえいだからufotable Cafeなのか。あとufotable Cafeは最寄り駅からちょっと遠いので流れ的に不自然。
Posted at 22:53 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.21

『青の炎』 蜷川幸雄

03年。原作/貴志祐介、脚本/蜷川幸雄、宮脇卓也。『魔性の夏 四谷怪談より』(81)以来、約22年振りに蜷川が監督した少年犯罪映画。
ピンク・フロイド「ザ・ポスト・ウォー・ドリーム」(83)。全体として70-80年代的センス。
印象的な水槽を使った演出は、『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』の冒頭と同様。
演劇的な独白含めて予想より悪くなかったが、カメオ出演の唐沢寿明や竹中直人は悪目立ちし過ぎ、キャストで良かったのは義父役の山本寛斎くらいか。
Posted at 22:06 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.21

涼宮ハルヒの憂鬱 #7 涼宮ハルヒの退屈

コンテ、演出、原画/吉岡忍 作監/池田和美 荒谷朋恵

ファンサービスのOVAの様だとか、伏線の使い方が上手いとか、等の意見を思い出すが、今回改めて観て一番印象的なのは杉田智和のリアクション芸かも。
現在の吉岡忍は、山本寛関連とは一線を画し、ライデンやA-1が中心なのか。
Posted at 22:03 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.20

『ホワイトリリー』 中田秀夫

17年。脚本/加藤淳也、三宅隆太。R15+版で観る。
予告編を観る限りではロマンポルノ・リブート・プロジェクトのワーストかと予想していたが、ジョゼフ・ロージー&ハロルド・ピンターの『召使』(63)に比べると流石に劣るものの、同企画の中では正統派のロマンポルノ。
万田邦敏や塩田明彦の『月光の囁き』(99)を思い出す。
中田秀夫映画はどうも苦手で、悪くないのは本作の他だと、『リング』(98)や『リング2』(99)くらいか(両方、脚本は高橋洋)。
主演の飛鳥凛は何となく松下奈緒に似て見える。

ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの個人的ランクは、

1 白石和彌/牝猫たち
2 塩田明彦/風に濡れた女
3 行定勲/ジムノペディに乱れる
4 中田秀夫/ホワイトリリー
5 園子温/アンチポルノ

是非、第二期があれば観たい。
Posted at 10:57 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

MONSTER #70、71

#70 殺戮の町
#71 超人シュタイナーの怒り

#70 コンテ/伊藤智彦
#71 コンテ、演出/中村亮介 作監/高岡淳一 作監補佐/青山浩行

2本連続、ルンゲがやたらカッコ良い(小銃も似合う)。
#71の作画は何だか『人狼』(00)の様で、改めて観ても凄かった。
Posted at 23:48 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

『ジムノペディに乱れる』 行定勲

16年。脚本/行定勲、堀泉杏。R15+版で観る。行定版のフェリーニなのか、「ジムノペディ」(エリック・サティ)を使ったコントなのか。
西野翔(隣人)、岡村いずみ(新人女優)、田山由起(人妻スタッフ)、芦那すみれ(専門教え子)、田嶋真弓(前妻美術)、木嶋のりこ(看護師)等、女優の趣味は良かった。
個人的には岡村いずみが本作の中では一番好みかも。板尾創路が演じる映画監督は、相米慎二と言うより岩井俊二に見えて仕方が無い。
Posted at 23:46 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

『牝猫たち』 白石和彌

17年。脚本/白石和彌。R15+版で観る。若松孝二門下である白石和彌による、田中登『牝猫たちの夜』(72)へのオマージュと言うか現代版。
フィールドワークが足りないと思うが、以前は声優もやっていた主演の井端珠里が可愛くて、池袋のゲリラ撮影中心やオールアフレコなのも楽しい。
結果としては同じくロマンポルノ・リブート・プロジェクトだった塩田明彦『風に濡れた女』よりベタで好きかも。あと微乳好きには堪らないと思う。
Posted at 23:44 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.17

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』 山本泰一郎

脚本/柏原寛司 コンテ、演出/山本泰一郎 コンテ協力/奥脇雅晴 西森章 影山楙倫 亀垣一
キャラデ、総作監/須藤昌朋 デザインワークス、作監/山中純子
作監補佐、レイアウトチェッカー/牟田清司 清水義治 野口寛明 滝口禎一 かわむらあきお(河村明夫) 糸島雅彦
制作協力/テレコム・アニメーションフィルム

06年。『ベイカー街(ストリート)の亡霊』(02)同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
山本泰一郎監督時代から1本。劇場10作目、ファンサービスのお祭り的オールスターキャスト編。
話は小ネタの集積を小出しの構成で誤魔化し、コンテも映像面もクオリティは下がって映画ではなくTV水準。
キッド/白馬の伏線は考えオチ。キッドと逃走中強盗団の邂逅は超現実的過ぎる。確かに灰原が可愛い中盤の見せ場は良かった。
中年刑事役の小川真司、若本規夫、大塚明夫、石塚運昇が勢揃いすると、迫力や重厚感が半端無い。
あと、監督/谷口悟朗、脚本/黒田洋介、キャラデ/千羽由利子の劇場『コナン』が一度観てみたいと思った。
2017.05.16

ID-0 #6 世界攪乱

コンテ/大橋誉志光

サム・テイラー(千葉一伸)が出てきて死ぬ。毎回、イド(&アリス)方面の話ばかりなのも不満。もっと他キャラや世界観全体の掘り下げが見たい。
Posted at 21:35 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.16

リトルウィッチアカデミア #19 キャベンディッシュ

脚本/島田満 樋口七海 コンテ/益山亮司

制作協力/st.SILVER。ダイアナ回の前編。今回のは現在のガイナとカラーやトリガーの話か。
Posted at 21:33 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.16

有頂天家族2 #6 有馬地獄

コンテ/Team P.A

後半地獄絵図の点描は、劇場『ウテナ/アドゥレセンス黙示録』の小林七郎美術の様で中々凄かった。
Posted at 21:32 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.15

Re:CREATORS #6 いのち短し恋せよ乙女

コンテ/夕澄慶英

制作協力/ライジングフォース。築城院真鍳(坂本真綾)が登場。一通り揃ってきたが、やはり『まどマギ』展開と言うか、魔法少女のキャラが一番面白いかも。
Posted at 11:03 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.14

『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊』 こだま兼嗣

脚本/野沢尚 コンテ/こだま兼嗣 演出/原田奈奈
キャラデ、総作監/須藤昌朋 アクション作監、レイアウトチェック/清水義治 作監/山中純子 作監補/牟田清司
レイアウト/牟田清司 兵頭敬 河村明夫 本橋秀之 糸島雅彦

02年。『瞳の中の暗殺者』(00)同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
『コナン』では異色と言えるバーチャルなデス・ゲーム物。『すべてがFになる』(96)、『劇パト1』(89)、『クラインの壺』(89)、『ソードアート・オンライン』(02-)、『ドットハック』(02-)等を思い出す。
後半の展開や整理の仕方は残念だが、気を吐く故・野沢尚脚本。
長尺化に伴って予算やスケジュールが増したのか、一気に作画含めて映像クオリティが上がり驚く。