2017.05.21

『青の炎』 蜷川幸雄

03年。原作/貴志祐介、脚本/蜷川幸雄、宮脇卓也。『魔性の夏 四谷怪談より』(81)以来、約22年振りに蜷川が監督した少年犯罪映画。
ピンク・フロイド「ザ・ポスト・ウォー・ドリーム」(83)。全体として70-80年代的センス。
印象的な水槽を使った演出は、『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』の冒頭と同様。
演劇的な独白含めて予想より悪くなかったが、カメオ出演の唐沢寿明や竹中直人は悪目立ちし過ぎ、キャストで良かったのは義父役の山本寛斎くらいか。
Posted at 22:06 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.21

涼宮ハルヒの憂鬱 #7 涼宮ハルヒの退屈

コンテ、演出、原画/吉岡忍 作監/池田和美 荒谷朋恵

ファンサービスのOVAの様だとか、伏線の使い方が上手いとか、等の意見を思い出すが、今回改めて観て一番印象的なのは杉田智和のリアクション芸かも。
現在の吉岡忍は、山本寛関連とは一線を画し、ライデンやA-1が中心なのか。
Posted at 22:03 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.20

『ホワイトリリー』 中田秀夫

17年。脚本/加藤淳也、三宅隆太。R15+版で観る。
予告編を観る限りではロマンポルノ・リブート・プロジェクトのワーストかと予想していたが、ジョゼフ・ロージー&ハロルド・ピンターの『召使』(63)に比べると流石に劣るものの、同企画の中では正統派のロマンポルノ。
万田邦敏や塩田明彦の『月光の囁き』(99)を思い出す。
中田秀夫映画はどうも苦手で、悪くないのは本作の他だと、『リング』(98)や『リング2』(99)くらいか(両方、脚本は高橋洋)。
主演の飛鳥凛は何となく松下奈緒に似て見える。

ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの個人的ランクは、

1 白石和彌/牝猫たち
2 塩田明彦/風に濡れた女
3 行定勲/ジムノペディに乱れる
4 中田秀夫/ホワイトリリー
5 園子温/アンチポルノ

是非、第二期があれば観たい。
Posted at 10:57 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

MONSTER #70、71

#70 殺戮の町
#71 超人シュタイナーの怒り

#70 コンテ/伊藤智彦
#71 コンテ、演出/中村亮介 作監/高岡淳一 作監補佐/青山浩行

2本連続、ルンゲがやたらカッコ良い(小銃も似合う)。
#71の作画は何だか『人狼』(00)の様で、改めて観ても凄かった。
Posted at 23:48 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

『ジムノペディに乱れる』 行定勲

16年。脚本/行定勲、堀泉杏。R15+版で観る。行定版のフェリーニなのか、「ジムノペディ」(エリック・サティ)を使ったコントなのか。
西野翔(隣人)、岡村いずみ(新人女優)、田山由起(人妻スタッフ)、芦那すみれ(専門教え子)、田嶋真弓(前妻美術)、木嶋のりこ(看護師)等、女優の趣味は良かった。
個人的には岡村いずみが本作の中では一番好みかも。板尾創路が演じる映画監督は、相米慎二と言うより岩井俊二に見えて仕方が無い。
Posted at 23:46 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

『牝猫たち』 白石和彌

17年。脚本/白石和彌。R15+版で観る。若松孝二門下である白石和彌による、田中登『牝猫たちの夜』(72)へのオマージュと言うか現代版。
フィールドワークが足りないと思うが、以前は声優もやっていた主演の井端珠里が可愛くて、池袋のゲリラ撮影中心やオールアフレコなのも楽しい。
結果としては同じくロマンポルノ・リブート・プロジェクトだった塩田明彦『風に濡れた女』よりベタで好きかも。あと微乳好きには堪らないと思う。
Posted at 23:44 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.17

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』 山本泰一郎

脚本/柏原寛司 コンテ、演出/山本泰一郎 コンテ協力/奥脇雅晴 西森章 影山楙倫 亀垣一
キャラデ、総作監/須藤昌朋 デザインワークス、作監/山中純子
作監補佐、レイアウトチェッカー/牟田清司 清水義治 野口寛明 滝口禎一 かわむらあきお(河村明夫) 糸島雅彦
制作協力/テレコム・アニメーションフィルム

06年。『ベイカー街(ストリート)の亡霊』(02)同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
山本泰一郎監督時代から1本。劇場10作目、ファンサービスのお祭り的オールスターキャスト編。
話は小ネタの集積を小出しの構成で誤魔化し、コンテも映像面もクオリティは下がって映画ではなくTV水準。
キッド/白馬の伏線は考えオチ。キッドと逃走中強盗団の邂逅は超現実的過ぎる。確かに灰原が可愛い中盤の見せ場は良かった。
中年刑事役の小川真司、若本規夫、大塚明夫、石塚運昇が勢揃いすると、迫力や重厚感が半端無い。
あと、監督/谷口悟朗、脚本/黒田洋介、キャラデ/千羽由利子の劇場『コナン』が一度観てみたいと思った。
2017.05.16

ID-0 #6 世界攪乱

コンテ/大橋誉志光

サム・テイラー(千葉一伸)が出てきて死ぬ。毎回、イド(&アリス)方面の話ばかりなのも不満。もっと他キャラや世界観全体の掘り下げが見たい。
Posted at 21:35 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.16

リトルウィッチアカデミア #19 キャベンディッシュ

脚本/島田満 樋口七海 コンテ/益山亮司

制作協力/st.SILVER。ダイアナ回の前編。今回のは現在のガイナとカラーやトリガーの話か。
Posted at 21:33 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.16

有頂天家族2 #6 有馬地獄

コンテ/Team P.A

後半地獄絵図の点描は、劇場『ウテナ/アドゥレセンス黙示録』の小林七郎美術の様で中々凄かった。
Posted at 21:32 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.15

Re:CREATORS #6 いのち短し恋せよ乙女

コンテ/夕澄慶英

制作協力/ライジングフォース。築城院真鍳(坂本真綾)が登場。一通り揃ってきたが、やはり『まどマギ』展開と言うか、魔法少女のキャラが一番面白いかも。
Posted at 11:03 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.14

『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊』 こだま兼嗣

脚本/野沢尚 コンテ/こだま兼嗣 演出/原田奈奈
キャラデ、総作監/須藤昌朋 アクション作監、レイアウトチェック/清水義治 作監/山中純子 作監補/牟田清司
レイアウト/牟田清司 兵頭敬 河村明夫 本橋秀之 糸島雅彦

02年。『瞳の中の暗殺者』(00)同様、御薦めして頂いたので妻と観る。
『コナン』では異色と言えるバーチャルなデス・ゲーム物。『すべてがFになる』(96)、『劇パト1』(89)、『クラインの壺』(89)、『ソードアート・オンライン』(02-)、『ドットハック』(02-)等を思い出す。
後半の展開や整理の仕方は残念だが、気を吐く故・野沢尚脚本。
長尺化に伴って予算やスケジュールが増したのか、一気に作画含めて映像クオリティが上がり驚く。
2017.05.11

ID-0 #5 結晶幼女

コンテ、演出/林直孝

毎回、過去の谷口悟朗アニメを薄めた様な印象しか残らない。谷口アニメは初見の世代が観る分には大して遜色無いのかもしれないけれど。
Posted at 08:42 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.11

有頂天家族2 #5 続・大文字納涼船合戦

コンテ/Team P.A

今回はカレーを作ったり偽叡山電車を運転する矢四郎(中原麻衣)がとにかく可愛かった。
Posted at 08:40 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.11

リトルウィッチアカデミア #18 空中大戦争スタンシップ

脚本/樋口七海 コンテ/小林寛

原画/今石洋之、雨宮哲、第二原画/すしお。コンスタンツェ(村川梨衣)→『グレンラガン』回。
吉成らしいと言うか、今石っぽいと言うか。『ガン×ソード』(05)や『スクールランブル』(04-05)のロボ回を思い出す。
作画も復調し、今回の小林寛コンテはシリーズ最高傑作だったかも。
Posted at 00:00 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.10

『少年』 大島渚

69年。製作/ATG、創造社、脚本/田村孟、撮影/吉岡康弘、仙元誠三、音楽/林光、美術/戸田重昌。
未見の妻と見直し。大島渚、田村孟の最高傑作の1本。端正で厳粛なフレーミング、頻出する日の丸。小山明子も良い。
Posted at 23:57 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.10

『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』 こだま兼嗣

脚本/古内一成 コンテ/こだま兼嗣 演出/佐藤真人
キャラデ、総作監/須藤昌朋 アクション作監、レイアウトチェッカー/清水義治 デザインワークス、作監/山中純子
レイアウト/宍戸久美子 堀内博之 葦野好春(芦野芳晴) 牟田清司 本橋秀之 とみながまり 佐藤千春 倉田綾子 兵頭敬 清水義治

00年。WOWOWの劇場『コナン』全20作一挙放送に合わせて、妻の御友達にお薦めして頂いたので妻と観る。
劇場『コナン』の初期/こだま兼嗣監督時代の1本。典型的アニメーターコンテ、『ルパンVS複製人間』(78)同様のレイアウトシステム。
#1、トロピカルランドのくだりを掘り下げたアイデアは、上手いと言うか、『コナン』ファンからすると堪らないだろう。
コナンと少年探偵団の関係は観る度に酷く屈折していると感じる。あと、會川昇脚本や板垣伸監督の劇場『コナン』が一度観てみたいと思った。
2017.05.08

Re:CREATORS #5 どこよりも冷たいこの水の底

コンテ/あおきえい

制作協力/NAZ。自衛隊&政府の介入で『シン・ゴジラ』、『学園黙示録』展開。特別事態対策会議・統括調整官/菊地原亜希(恒松あゆみ)の登場で、『アルドノア』色が増した気がする。
Posted at 22:22 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.07

涼宮ハルヒの憂鬱 #5 涼宮ハルヒの憂鬱V

コンテ、演出/北之原孝将 作監/米田光良

原画/松尾祐輔。京アニローテのワースト/北之原回。前半ハルヒの回想内面描写以外は、もっと押井や庵野的演出にした方が良かったのではと観る度に思う。
Posted at 10:29 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.06

『ウディ・アレンの重罪と軽罪』 ウディ・アレン

89年。知人に薦められたので、借りたDVDで観る。
内省的鬱期のウディ・アレン。対比や戯画化しているが、富裕な眼科医サイドの苦悩もウディ・アレンそのもの。キャストの中で目立つミア・ファロー。
アルノー・デプレシャンや、三谷幸喜、イングマール・ベルイマン『野いちご』、クエンティン・タランティーノ『パルプ・フィクション』を思い出す。
ウディ・アレン映画は基本的にどうも苦手。ウディ・アレン的なポジションって、邦画で言えば伊丹十三くらいかも。
本作を観てもやはりウディ・アレンはロリコンなのか、娘ではなく姪っていうセレクトがポイントな気もする。前半、ドナルド・トランプの名前が出てきてちょっと驚いた。
Posted at 22:55 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.04

『ダーク・スター』 ジョン・カーペンター

74年。製作、音楽/ジョン・カーペンター、脚本/ジョン・カーペンター、ダン・オバノン、プロダクションデザイン、編集、特殊効果、出演/ダン・オバノン。
見直し。『エイリアン』(79)や『スペース☆ダンディ』の元ネタ。現象論を思考する爆弾、バルーン製エイリアン、「ベンソン・アリゾナ」。
SF青春物という位置付けでは、『マクロス』高山文彦回(82-83)や山賀博之『王立宇宙軍』(87)に近いと思う。
Posted at 22:23 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.04

『毛の生えた拳銃』 大和屋竺

68年。製作、企画/若松孝二、脚本/大山村人(大和屋竺)、撮影/伊東英男、音楽/相倉久人。
購入したDVDで観る。青山真治の99年オールタイムベストの1本。若松孝二と鈴木清順の間、独特のヘタウマ感。唐十郎/状況劇場から主演3人(吉沢健、麿赤兒、大久保鷹)。『殺しの烙印』は本作の前年である67年、『ルパン三世』(1期)は71-72年か。
Posted at 22:21 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

リップヴァンウィンクルの花嫁 serial edition #1~5

#1 結納
#2 結婚
#3 離婚
#4 家族
#5 白い館

16年。各40分×全6話=計240分の、再編集TVドラマバージョンを諸般の事情で#1~5まで観る。
映画版と比べると場面の有無が多数有り、編集は総じて緩い。
「serial edition」で初めて顔出しする、引きこもりスカイプ少女(浅見姫香)の自室には、『ヱヴァ』(破、Q)のポスターが二枚貼られていて驚く。
Posted at 09:49 | TVドラマ | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

ID-0 #4 転移奇襲

コンテ/須永司

今週の須永CGアニメ。展開や絵面が代わり映えしない。子安、麦人パートだけ乖離し過ぎ。
謎の少女(上田麗奈)は、『無限のリヴァイアス』のネーヤを思い出す。
Posted at 09:46 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

有頂天家族2 #4 狸将棋大会

コンテ/Team P.A

偉大なる高畑勲『平成狸合戦ぽんぽこ』。今回の将棋大会は捻りが無くてがっかり。
Posted at 09:43 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

涼宮ハルヒの憂鬱 #4 涼宮ハルヒの憂鬱IV

脚本/石原立也 コンテ、演出/石立太一 作監/西屋太志

原画/高雄統子、山田尚子、西屋太志、石立太一。『憂鬱』の中では1話と並んで好きかも。
前半の『境界の彼方』石立太一ならでは朝倉対長門の超絶教室アクション、後半の後藤邑子演じるオトナみくるは勿論、白石稔/谷口の名アドリブ「WAWAWA忘れ物~」や、杉田智和/キョン独特の迂遠でシニカルな台詞回し、平野綾/ハルヒの上擦った長広舌が懐かしくも素晴らしい。西屋作監のハルヒ、朝倉も可愛い。
Posted at 09:42 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

リトルウィッチアカデミア #17 アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル

脚本/佐藤裕 大塚雅彦 コンテ/摩砂雪

原画/堀剛史、五十嵐海。#3以来の摩砂雪コンテ、極端なアオリ多用。終盤のアクションで吉成曜や今石洋之っぽい作画もあったがクレジットは無し。
Posted at 09:39 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.02

Re:CREATORS #4 そのときは彼によろしく

コンテ、演出/渡部周

制作協力/ウィルパレット。同じくAIC分派のグロス回で作画は低調。あおき、広江の中二センスが二乗の為か、相変わらず説明の段取りは悪い。
Posted at 09:38 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.05.01

『ファントム・オブ・パラダイス』 ブライアン・デ・パルマ

74年。脚本/ブライアン・デ・パルマ。知人に薦められたので、購入した廉価Blu-rayで妻と計2回観る。
『オペラ座の怪人』や『ファウスト』を題材としたロック・オペラであり、キューブリックやタランティーノと同様オタク映画の傑作。
『時計じかけのオレンジ』(71)、『ヘルハウス』(73)、『吸血鬼』(67)、『知りすぎていた男』(56)、ティム・バートン、ウェス・アンダーソン等を思い出す。
アメリカ映画なのに、かなりイギリス映画っぽい画作り。スプリットスクリーン(画面分割)も有り。
特にテンションが最高潮を迎える終盤、結婚式の場面はデ・パルマ全開と言うか、間違いなく今まで観たデ・パルマ映画の中で一番面白かった。
ポール・ウィリアムズが演じるメフィストフェレスのスワンは、事実『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(78)のマモーのモデルなのだろうか。
Posted at 08:50 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.30

『城塞』 安部公房/上村聡史

作/安部公房(24~93)、演出/上村聡史(文学座)。初台駅/新国立劇場、小劇場。A席¥6,480。
平日13:00から開演、1幕13:00~13:55の55分、休憩15分、2幕14:10~15:25の75分、計約2時間25分。
今年3月の三島由紀夫/谷賢一『白蟻の巣』に続いて観る、新国立劇場の主催公演。1階後方は空席も目立つ、ちょっと寂しい客の入り。
初演は62年。生硬な戦争責任総括、戦争成金ブルジョア家族、密室重喜劇。繰り返し戦中を再現、ループする劇中劇。男女父子兄妹夫婦の抑圧。
大島渚(32~13)の『絞死刑』(68)や『儀式』(71)、前述三島(25~70)の『白蟻』(55)、井上ひさし(34~10)、清水邦夫(36~)の『狂人なおもて往生をとぐ~昔、僕達は愛した~』(69)、『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』(71)等を思い出す。
主演の山西惇以下、辻萬長(こまつ座)、たかお鷹(文学座)の円熟した安定感。
直截的な前半はかなり退屈したが、終盤の栗山民也か鵜山仁演出張りなアングラ演劇的屋台崩し一連は圧巻であり、ストリッパー役を演じる松岡依都美(文学座)の美巨乳やその脱ぎっぷりも凄かった。
正直大して期待して無かったのだが、結果から言えば前回の『白蟻』より面白かったと思う。
終盤、妹カツラ+白塗り化粧の松岡は、何だか鳥居みゆき似だったり。自分の斜め前方客席で『白蟻』出演の半海一晃らしき方が観劇していた。


城塞
Posted at 22:58 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.26

リトルウィッチアカデミア #16 ポホヨラの試練

脚本/うえのきみこ コンテ/小倉陳利

制作協力/寿門堂。うえのギャグ回。
「ナインオールドウィッチ」の元ネタは、そのままディズニーの「ナイン・オールドメン」か。
そう言えば#12のシャリオ回想は、『カウボーイビバップ』の『スピーク・ライク・ア・チャイルド』を思い出す。
Posted at 22:33 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.26

ID-0 #3 空漠の廊

コンテ/須永司

ロボキャラの素性ばらし。
同じくサンジゲンが元請のTVアニメで言うと、現時点では『アルペジオ』の下で、『ブブキ』は上回る。基本的には面白いが、正直イマイチ面白くないのはCGアニメならではの表現的な「枷」ゆえか、谷口・黒田の衰えだろうか。
本編でもOPでも白眉有楽翁(麦人)を観ると、『ガサラキ』を思い出す。
Posted at 22:31 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.26

有頂天家族2 #3 欧羅巴の香り

コンテ/Team P.A

狸谷不動の祖母役で小山茉美が登場。ビル屋上の二代目屋敷のアイデアは面白く、やはり1話に続いて二代目がカッコ良い。力関係は、天満屋<弁天<二代目なのか。
Posted at 22:30 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.24

Re:CREATORS #3 平凡にして非凡なる日常

コンテ、演出/別所誠人

『Fate』的バトロワ展開がかったるくて、一応3話まで観たので思案中。メタ志向は気になると言うか、かなり好みだけど。
Posted at 09:45 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.24

ベルセルク 次篇 #14、15

#14 冬の旅路
#15 飛剣の御旗

コンテ/板垣伸

パーティープレイ化。ガッツのドラゴン殺しぶん回しが無いので物足りない。CGはともかく、1期よりミルパンセ制作の微妙作画パートが増えたのもマイナス。
とにかく今季新番の本数が多く、本編は勿論の事、キービジュやOP、EDを見比べても何だか2期に入ってからのアニメ絵も好みじゃないので、取り敢えず続きは妻に任せて3話切りする。
Posted at 09:43 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.23

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』 吉川惣司

脚本/大和屋竺 吉川惣司 レイアウト(全カット)/芝山努 作監/椛島義夫(キャラデ) 青木悠三

78年。原画/青木悠三(NC)、友永和秀。妻と見直し。『ルパン三世』史上最高傑作の1本。
大和屋竺脚本『続・殺しのらくいん』(67)、『旧ルパン』#2(71)からの系譜。吉川惣司脚本『装甲騎兵ボトムズ』(83-84)、押井守『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)への影響も。
『激突!』の日本公開は73年で、『スター・ウォーズ』は本作と同じ78年か。巨大トレーラーの青木悠三等、60-70年代Aプロ調のリミテッド作画は元より、洒落た台詞回しも良い。
近年の小池健も悪くは無いが、今石洋之や板垣伸、新房昭之の『ルパン』も一度観てみたい。
2017.04.23

『レヴェナント:蘇えりし者』 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

15年。撮影/エマニュエル・ルベツキ、音楽/坂本龍一、アルヴァ・ノト(カールステン・ニコライ)。
西部開拓時代、伝説の罠猟師ヒュー・グラスが極寒の米北西部を彷徨った実話を元に描く約2時間半。
テレンス・マリック以下、メル・ギブソン、アンドレイ・タルコフスキー、『デルス・ウザーラ』(75)、『デュエリスト/決闘者』(77)、『地獄の黙示録』(79)、『フィツカラルド』(82)、『レッド・アフガン』(88)、『デッドマン』(95)、『ロード・オブ・ザ・リング』(01)、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)等を思い出す。
ディカプリオはスコセッシやタランティーノ映画の方が合っていると思う。
Posted at 22:42 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.22

ID-0 #2 時空結節

コンテ/須永司

谷口節が全開。村田蓮爾少女で釣る純正のSFロボットアニメだった。
Posted at 10:16 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.22

MONSTER #68 ルーエンハイム

コンテ/坂田純一

長大な本作の最終章であり、個人的に一番好きなルーエンハイム編が幕開け。いきなり野沢那智が出オチ。スティーヴン・キング、ヒッチコック、デヴィッド・リンチな雰囲気が堪らない。
Posted at 10:14 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.22

MONSTER #66、67

#66 おかえり
#67 ただいま

#66 コンテ、演出/高橋敦史 作監/尾崎和孝 原画/尾崎和孝 清水洋 高橋敦史
#67 コンテ/小島正幸 作監/青山浩行 原画/青山浩行 清水洋 森田宏幸 森山洋

フランクフルト編のラスト、双子の誕生秘話、劇場クオリティが2本。#66は本作では唯一の尾崎和孝作監回で、#67は#57に続く本作最後の青山浩行作監回。
田中信夫のナレーションや双子の母親を演じる桑島法子も良い。
Posted at 10:13 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.22

MONSTER #65 ヨハンの足跡

コンテ、演出/鶴岡耕次郎

本放送当時も話題になった、伝説の広中雅志怪演回。久し振りに聞いても「ダメだよぉ~」のリピートが癖になる。
クリストフ・ジーヴァーニッヒの元ネタは、ドストエフスキー『悪霊』のピョートル・ステパノヴィチ・ヴェルホーヴェンスキーだと思う。
Posted at 10:11 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.20

『ヘイトフル・エイト』 クエンティン・タランティーノ

15年。脚本/クエンティン・タランティーノ、撮影/ロバート・リチャードソン、プロダクションデザイン/種田陽平、音楽/エンニオ・モリコーネ。
撮影開始前の脚本流出騒動を経た労作。前作『ジャンゴ』(12)に続く西部劇+吹雪の山荘/密室ミステリ、スプラッター趣味。南北戦争以後を背景とした西部劇版の『レザボア・ドッグス』。
オリジナルの70ミリフィルム上映では勿論無く、序曲&インターミッションが無い編集版。ジョン・カーペンター『遊星からの物体X』(82)へのオマージュ。
『キル・ビル』以降の、『デス・プルーフ』、『イングロリアス・バスターズ』、『ジャンゴ』からすると後退。中盤の「インターミッション」明けに流れる(筈の)、タランティーノ自身によるナレーションが一番良かったかも。
Posted at 16:43 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.20

有頂天家族2 #2 幻術師 天満屋

コンテ/Team P.A

コンテのクレジットが気になる。アーケード商店街上に鎮座したラーメン屋のアイデアは面白かった。
Posted at 00:25 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.18

リトルウィッチアカデミア #15 チャリオット・オブ・ファイア

脚本/島田満 コンテ/上荻雪羽

制作協力/スタジオリングス。シリアス設定語り回。何となく『ハウルの動く城』を思い出す。
久し振りに本作でアクションらしいアクションを観た気がする。6話を観ても思ったけれど、上荻雪羽って一体誰の変名なのか。
Posted at 22:09 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.18

Re:CREATORS #2 ダイナマイトとクールガイ

コンテ、演出/加藤誠 OPコンテ、演出/あおきえい

メタアニメ。會川昇『コンクリート・レボルティオ』や、筒井康隆『朝のガスパール』、フィリップ・K・ディック『高い城の男』を思い出す。
パロディでもオマージュでもない中途半端な二次創作感は、一昔前のユーフォーテーブルのオリジナル(『フタコイ オルタナティブ』や『コヨーテ ラグタイムショー』)も思い出す。『コンレボ』の時も感じたが、原典に拮抗し得る造作じゃなければ意味が無いと思う。
しかしながら後半の『まどマギ』展開は悪くなく、1話より面白かった。
Posted at 22:07 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.18

アトム ザ・ビギニング #1 鉄腕起動

脚本/藤咲淳一 コンテ/佐藤竜雄
OPコンテ、演出、作監/Bahi JD
原画/久保田誓 Jonathan Djob Nkondo 佐田とし 土上いつき 末澤慧 磯光雄

03-04年の『ASTRO BOY 鉄腕アトム』は当時全話観た思い出。お茶の水妹(佐倉綾音)は、『機動戦艦ナデシコ』のホシノ・ルリか妻っぽい。
全体としては『ROBOTICS;NOTES』を思い出す。本作より浦沢直樹の『PLUTO』をMAPPAでアニメ化した方が良いのでは。
松本憲生作画の『NARUTO』の様な高揚感、爽快感を感じるBahi JDのOPは、今季で一番だったと思う(自分が観た中では)。
初回切りする。
Posted at 21:54 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.17

『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』 清水邦夫/蜷川幸雄

作/清水邦夫、演出/蜷川幸雄、演出補/井上尊晶、出演/さいたまゴールド・シアター、さいたまネクスト・シアター。
与野本町駅/彩の国さいたま芸術劇場、大ホール。全席指定¥4,000。土曜14:00から休憩無しの約70分。
昨年、「喝采~蜷川幸雄と老年俳優たち~」(再)を観て凄く興味があったので妻と観る。
06年「Pro・cess」、13年、14年に続いて、蜷川幸雄/さいたまゴールド・シアターの人気代表作を一周忌追悼として再演。
アメリカン・ニューシネマな全共闘老人法廷重喜劇。初演は71年で、当時の主演は蟹江敬三、緑魔子、真山知子(蜷川夫人)等。
内田健司は結局今回は不参加。冒頭とラストの蜷川的早替えや、客席まで覆う煙幕の量が凄くて目を見張る。
観ていると前述のニューシネマ以下、大島渚や、若松孝二、黒沢清『勝手にしやがれ!! 英雄計画』等も思い出す。
15-16年の『リチャード二世』と同じく青年A役/松田慎也、弁護人役/葛西弘、そして実質の主役である鴉婆役/田村律子が目立って熱演。青年役の二人を観ていると、04年『ロミジュリ』の高橋洋と被る。
ラストはネクストのキャミ巨乳二人(佐藤蛍、浅野望?)がやたら気になって仕方無い。
意外と場内は随所で大ウケだったのが驚き。カーテンコール×4回で、一部スタンディングオベーションも。


鴉よ、おれたちは弾丸をこめる
Posted at 23:28 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.16

『原子力戦争』 黒木和雄

78年。製作/ATG、文化企画プロモーション、原作/田原総一朗(76年刊)。田原、黒木が描く原発迷宮殺人事件、正に「藪の中」。
山口小夜子が浮きまくり。佐藤慶、戸浦六宏も出演。創造社解散の大島渚『夏の妹』は72年で、同じく原発映画と言える池田敏春『人魚伝説』は84年か。
アラン・レネ『去年マリエンバートで』(61)や、アントニオーニ『欲望』(67)、ベルトルッチ『暗殺のオペラ』(70)、コッポラ『カンバセーション…盗聴…』(74)等も思い出す。
福島原発の正面ゲートにアポ無し突撃する原田芳雄を撮ったくだりは、翌79年『太陽を盗んだ男』での皇居前広場への突入と同じくらい面白かった。
当時の原田芳雄は、一昔前の浅野忠信の様なポジションなのだろうか。
Posted at 22:27 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.15

サクラクエスト #2 集いし五人の勇者たち

脚本/横谷昌宏 コンテ/増井壮一

本作はP.Aの社外ラインか。2話で5人全員が集合。やっぱり面白くないので切る。
Posted at 10:38 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2017.04.15

リトルウィッチアカデミア #14 ニューエイジマジック

脚本/うえのきみこ コンテ/小倉陳利

後半戦。OP、EDがリニューアル。『キルラキル』を思い出すOPは、コンテはともかく演出や作画が弱い。
本編の方は何となく『電脳コイル』後半を思い出す展開。
若手を中心とした作画編成によるファクターも大きいとは言え、オリジナルアニメの監督としての吉成曜は期待外れだったと言わざるを得ない現状。黄瀬和哉の『攻殻/ARISE』と同じく、やる気すら感じない。
Posted at 00:14 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |