FC2ブログ
2019.01.19

revisions リヴィジョンズ #2 勇者願望

コンテ/新井陽平

何だか『学園黙示録』を思い出す。
Posted at 06:26 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.19

『ナラタージュ』 行定勲

17年。見直し。有村架純が可愛い。
行定映画にかなり耐性が出来たのか、見易い。
有村架純、松本潤の話以外は不要な気がする。
Posted at 06:26 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.19

『さよならの朝に約束の花をかざろう』 岡田麿里

脚本/岡田麿里 副監/篠原俊哉 コア・ディレクター/平松禎史
コンテ/篠原俊哉 平松禎史 安藤真裕 小林寛 塩谷直義 橘正紀 岡田麿里
演出/篠原俊哉 平松禎史 長井龍雪 許琮 橋本昌和
キャラ原案/吉田明彦(CyDesignation) キャラデ、総作監/石井百合子
サブキャラデ/井上俊之 平松禎史 メインアニメーター/井上俊之
作監/石井百合子 平松禎史 伊藤憲子 川面恒介 作監補佐/田中将賀 三浦菜奈 芝美奈子 井上俊之
美監/東地和生 美設、コンセプトデ/岡田有章 アニメ制作/P.A.WORKS

18年。原画/井上俊之、星野円哉、山下高明、本田雄、井上鋭、林明美、松原秀典、平松禎史、川面恒介、吉原正行。
井上俊之、平松禎史の無駄遣い。素人監督で劇場アニメを1本作る企画。
いのまたむつみのアニメ(『幻夢戦記レダ』、『ウインダリア』、『風の大陸』、『テイルズオブ~』)や『ナウシカ』、『ゲド戦記』を何だか思い出す。
脚本もコンテもレイアウトもTVアニメ的、感情過多。
ハイ・ファンタジーである必然性も疑問。
2019.01.12

盾の勇者の成り上がり #1 盾の勇者

コンテ/阿保孝雄

阿保孝雄、キネマシトラスなので観る。
原作は「なろう系」で12年から連載。
今時の異世界ラノベ。随分生臭く鬱屈した話。
主人公以外のキャラや世界観が面白くない。
初回切りする。
Posted at 04:40 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.12

revisions リヴィジョンズ #1 渋谷転送

脚本/深見真 S・F・S コンテ/須永司
企画/スロウカーブ アニメ制作/白組 キャラ原案/近岡直

近作では『純潔のマリア』(15)、『アクティヴレイド』(16)、『ID-0』(17)に続く谷口悟朗の監督作。
『あの花』、『僕街』、『ギルクラ』、『漂流教室』。
一昔前の板野一郎の様なグロロボCGアニメ。
取り敢えず視聴継続する。
Posted at 04:39 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.12

ケムリクサ #1

原作、監督、脚本、美術デザイン/たつき

『けもフレ2』、廃墟雰囲気アニメ。
何だか『フリップフラッパーズ』を思い出す。
男キャラの登場が意外。初回切りする。
Posted at 04:38 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.10

『リング』 中田秀夫

98年。脚本/高橋洋。約20年振りの見直し。
ジョゼフ・ロージー、日活/小沼勝。
佐藤仁美も竹内結子も松嶋菜々子も若い。
伊豆の貸別荘が怖い、ビデオテープが怖い、古井戸が怖い。
成人貞子役は伊野尾理枝(万有引力)。
ラストは『カリスマ』(99)を思い出す。
Posted at 09:30 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.10

どろろ #1 醍醐の巻

#1コンテ、演出/古橋一浩 製作/ツインエンジン アニメ制作/MAPPA 手塚プロダクション
OPコンテ、演出、作監/小池健 原画/友永和秀 箕輪豊 千葉道徳 小美野雅彦 堀剛史 制作協力/テレコム・アニメーション・フィルム
EDコンテ、演出、原動画、仕上げ、撮影/コバヤシオサム

原作/手塚治虫、キャラ原案/浅田弘幸、#1原画/田中比呂人。
古橋アクション。どろろは妻の様だ。
初回切りする。塩田明彦による07年の映画は好きだった。
Posted at 09:29 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.10

ブギーポップは笑わない #1、2

#1 ブギーポップは笑わない1
#2 ブギーポップは笑わない2

#1コンテ、演出/夏目真悟
OPコンテ、演出/金世俊

原作小説は98年刊。『Serial experiments lain』(98)を思い出す。
90年代臭。キャラデが微妙、話がわかり辛い。
OPは良かったが、初回切りする。
Posted at 09:28 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.08

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #10 幻惑・危機を呼ぶ宇宙ホタル

コンテ/アミノテツロ

やたらと観念的になりがちだと思う。
冒頭の剣戟作画は、何だか『キャシャーンSins』を思い出す。
Posted at 20:39 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2019.01.08

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #9 ズォーダー、悪魔の選択

コンテ/加戸誉夫 羽原信義 コンテ協力/アミノテツロ

『ヤマト』の悪癖、斜め上を行く超「愛」展開。
Posted at 20:38 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.29

19年1月新番TVアニメ

一応初回を観る予定なのは下記の5本(ウチの放送順)。

ブギーポップは笑わない
どろろ
ケムリクサ
revisions リヴィジョンズ
盾の勇者の成り上がり
Posted at 06:24 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.27

『グッド・バイ』 地点

作/太宰治、演出/三浦基、音楽/空間現代、舞台美術/杉山至、衣裳/コレット・ウシャール。
吉祥寺シアター。全席自由一般/¥3,800。平日19:30開演、約75分。
年末恒例?吉祥寺シアター×地点。
バーカウンターで酒瓶乾杯演劇。チェーホフ的喜劇、酒と男と女、酔生夢死。
太宰治コレクション、太宰治そのもの。
今年6月、同じく吉祥寺シアターで観た三浦基/地点の師である平田オリザ/青年団の『日本文学盛衰史』との相似。
やはりゴダール、鈴木清順を思い出す。
太宰役?の小林洋平、終盤での安部聡子の各ソロパートが際立つ。
相変わらず超カッコ良くて最高だった。ライブ感に思わず体が動いてしまう。
同回で青山真治も観劇。黒澤あすか(20歳/京都造形芸術大学、映画学科俳優コース)が加わり、河野早紀は地点を脱退したのか。


グッド・バイ/地点
Posted at 22:44 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.12.26

18年の演劇

今年劇場で観た演劇は以下の計32本。

秘密の花園(福原充則)
黒蜥蜴(デヴィッド・ルヴォー)
シャンハイムーン(栗山民也)
銀河鉄道の夜(青年団)
ムサシ(蜷川幸雄)
曖昧な犬(ミクニヤナイハラプロジェクト)
少女都市からの呼び声(新宿梁山泊)
きれいごと、なきごと、ねごと、(青年団リンク キュイ)
自己紹介読本(城山羊の会)
百年の秘密(ナイロン100℃)
吸血姫(劇団唐組)
図書館的人生 Vol.4 襲ってくるもの(イキウメ)
Q学(田上パル)
日本文学盛衰史(青年団)
サルサ踊る田端、真ん中(宮部企画)
ニューレッスン(ジョンソン&ジャクソン)
スワン666(飴屋法水たち)
フリーターの矜持(笠島企画)
クグツ流離譚(玉城企画)
睾丸(ナイロン100℃)
self document 01(早坂企画)
MAKOTO(阿佐ヶ谷スパイダース)
あの子に新しいあさなんて二度とこなきゃいいのに(升味企画)
上空に光る(青年団リンク やしゃご)
14歳の国(遊園地再生事業団)
見よ、飛行機の高く飛べるを(文学座附属演劇研究所研修科)
修道女たち(KERA・MAP)
黄金バット~幻想教師出現~(劇団唐組)
セールスマンの死(長塚圭史)
第三世代(中津留章仁/さいたまネクスト・シアター)
埋める女(城山羊の会)
グッド・バイ(地点)


その中でベストは以下4本。

・黒蜥蜴
・ムサシ
・吸血姫
・見よ、飛行機の高く飛べるを


次点は以下7本。

・少女都市からの呼び声
・日本文学盛衰史
・スワン666
・睾丸
・MAKOTO
・埋める女
・グッド・バイ


あと個人的今年の舞台女優ベストは、

・中谷美紀(黒蜥蜴)
・大鶴美仁音(吸血姫)

次点
・とみやまあゆみ(Q学)
・堀紗織(あの子に新しいあさなんて二度とこなきゃいいのに)
・小野瑞季(見よ、飛行機の高く飛べるを)


以下は録画で観た演劇、計52本の一覧(再見含む)。

アテネのタイモン(ウィリアム・シェイクスピア/吉田鋼太郎)
アテルイ(中島かずき/いのうえひでのり/劇団☆新感線/02年版)
アンチゴーヌ(ジャン・アヌイ/栗山民也)
鼬(真船豊/長塚圭史)
祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~KERAバージョン(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
Vamp Show(ヴァンプ・ショウ)(三谷幸喜/池田成志/01年版)
江戸は燃えているか(三谷幸喜)
鴎外の怪談(永井愛/二兎社)
オケピ!(三谷幸喜/03年版)
カリギュラ(アルベール・カミュ/蜷川幸雄/07年版)
陥没(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
きらめく星座(井上ひさし/栗山民也/こまつ座/17年版)
グッドバイ(太宰治/北村想/寺十吾/シス・カンパニー公演日本文学シアターVol.1太宰治)
グッドバイ(太宰治/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/KERA MAP)
効率の優先(山内ケンジ/城山羊の会)
死神の精度~7 Days Judgement(伊坂幸太郎/和田憲明/18年版)
下北ビートニクス(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃)
社長吸血記(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃)
12人の優しい日本人(三谷幸喜/05年版)
真情あふるる軽薄さ2001(清水邦夫/蜷川幸雄)
水仙の花 narcissus(山内ケンジ/城山羊の会)
すべての犬は天国へ行く(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃)
相談者たち(山内ケンジ/城山羊の会)
大逆走(赤堀雅秋)
太陽2068(前川知大/蜷川幸雄)
近松心中物語(秋元松代/いのうえひでのり)
チルドレン(ルーシー・カークウッド/栗山民也)
終の楽園(長田育恵/鵜山仁/文学座アトリエの会)
髑髏城の七人(中島かずき/いのうえひでのり/劇団☆新感線/97年版)
ナイス・エイジ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃/00年版)
夏ホテル(岩松了/シアターナインス)
ニッポン・サポート・センター(平田オリザ/青年団)
ノーアート・ノーライフ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃/11年版)
バッド・ニュース☆グッド・タイミング(三谷幸喜)
ハムレット(ウィリアム・シェイクスピア/蜷川幸雄/15年版)
パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~(岸田國士/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃)
蛮幽鬼(中島かずき/いのうえひでのり/劇団☆新感線)
彦馬がゆく(三谷幸喜/02年版)
密やかな結晶(小川洋子/鄭義信)
百鬼オペラ「羅生門」(芥川龍之介/長田育恵/インバル・ピント&アブシャロム・ポラック)
ベッジ・パードン(三谷幸喜)
BOAT(藤田貴大/マームとジプシー)
ホロヴィッツとの対話(三谷幸喜)
マトリョーシカ(三谷幸喜/シアターナインス)
幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門(清水邦夫/蜷川幸雄)
マリアの首-幻に長崎を想う曲-(田中千禾夫/小川絵梨子)
身の引きしまる思い(山内ケンジ/城山羊の会)
MIWA(野田秀樹/NODA MAP)
ムサシ(井上ひさし/蜷川幸雄/09年版)
結びの庭(岩松了)
ラストフラワーズ(松尾スズキ/いのうえひでのり/大人の新感線)
笑の大学(三谷幸喜/山田和也/98年版)
Posted at 10:00 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.12.26

SSSS.GRIDMAN #12 覚醒

コンテ/雨宮哲 半田修平

結局いつものトリガーアニメになる。
旧劇『エヴァ』オマージュな実写オチ。
グリッドマン、怪獣は作画<CG。
シリーズ後半の失速が激しかった。
Posted at 09:51 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.26

BANANA FISH #24 The Catcher in the Rye

コンテ/内海紘子 久木晃嗣

原画/田中宏紀、鈴木博文、徳土大介、内海紘子、平松禎史、二原/鴨居知世。
石塚運昇の遺作。最終話なのでアクション多め。
カップリング的には今観ている『きらきらひかる』(92)と被る。
シリーズとしては正直長かった。
Posted at 09:48 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.26

『きらきらひかる』 松岡錠司

92年。原作/江國香織(91年刊)、撮影/笠松則通。
橋口亮輔を先取り、TVドラマの『同窓会』は翌93年、豊川悦司としては『12人の優しい日本人』(91)の翌年か。
本作の頃の薬師丸ひろ子(28歳頃?)は、妻に似ていると思う。
森田芳光、相米慎二、黒沢清を思い出す。
Posted at 09:47 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.21

SSSS.GRIDMAN #11 決・戦

コンテ/中園真登

前半の特撮テイストが薄くなってマイナス。
Posted at 09:42 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.21

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #7 光芒一閃!波動砲の輝き

コンテ/加戸誉夫 羽原信義

何だか『マクロス』の様な話だ。
新EDは何度観ても森雪のおっぱいが凄い。
Posted at 09:41 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.16

『埋める女』 城山羊の会

作、演出/山内ケンジ、舞台美術/杉山至、演出助手/岡部たかし。
ザ・スズナリ。全席指定前売/¥3,500。
土曜15:00開演、休憩無しの約1時間35分。
艶笑劇、コント、エロ・ブラック・コメディ、ロードムービー、不条理劇。
何故かマカロニ・ウェスタン風味、ヒッチコック『ハリーの災難』、電通×20年東京五輪ネタ。
主演岩谷健司の一人称劇場。定番の岩谷&岡部。
ロリータ/福井夏(柿喰う客)、石橋けい的な坂倉奈津子(青年団)がやたらとエロい。
今回は13年『身の引きしまる思い』のDVDを購入して帰る。
一番好きな演劇ユニットの1つだったので、活動休止は本当に悲しい。


埋める女
Posted at 19:43 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.12.16

『女王陛下の007』 ピーター・ハント

69年。『カジノ・ロワイヤル』(06)が凄く良かったので見直し。
唯一のジョージ・レーゼンビーの『007』。リアル路線、叙情的『007』。
ラストの衝撃。何度観てもスキーアクションが凄い。
Posted at 19:38 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.16

『007 リビング・デイライツ』 ジョン・グレン

87年。『カジノ・ロワイヤル』(06)が凄く良かったので、同じくイアン・フレミングの小説が原作なので観る。
ティモシー・ダルトンの『007』第1作。
冷戦末期の不景気、低調な1本。
Posted at 19:37 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.08

SSSS.GRIDMAN #9 夢・想

コンテ、作監、原画/五十嵐海

定番の夢回。新房昭之、『ビューティフル・ドリーマー』、『死に至る病、そして』(エヴァ)、『虚邪回路』(ラーゼフォン)、『魔女はささやく』(ヤマト2199)等を思い出す。本作の中では#3のげそいくお以来にコンテが良かった。
Posted at 00:28 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.08

『家族』 山田洋次

70年。脚本/山田洋次、宮崎晃。
知人に薦められたので観る。
『男はつらいよ』(68~)以降の意欲作。
ドキュメンタリー的演出、観光映画。やたらと辛気臭い。
70年大阪万博の記録。
同じく木下剛志出演の大島渚『少年』は前69年か。
『北の国から』(81~)を思い出す。
Posted at 00:26 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.03

『男はつらいよ 寅次郎恋歌』 山田洋次

71年。脚本/山田洋次、朝間義隆、撮影/高羽哲夫。
知人に薦められたので観る。志村喬&池内淳子編。
森川信、最後の『男はつらいよ』。前半は辛気臭い。
倍賞千恵子の歌オチ(かあさんの歌)がウケる。
終盤の強風が吹き荒ぶ旅立ちは良かった。
Posted at 10:15 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.01

SSSS.GRIDMAN #1~8

監督/雨宮哲 助監督/金子祥之 脚本/長谷川圭一
キャラデ/坂本勝 ヒロイック作画チーフ/牟田口裕基
電柱作画、ディティールワークス/田中達也
OP/大石昌良 アニメ制作/TRIGGER

トリガーのアニメは苦手なので0話切りしていたが、
何だか人気なので、WOWOWの一挙放送でまとめて観る。
93年、円谷プロ制作の特撮TVドラマをアニメ化。
『ウルトラマン』、『エヴァ』、『シン・ゴジラ』、『パシフィック・リム』、『勇者シリーズ』を思い出す。
今風のキャラデは桂正和や羽音たらく×田中将賀の『あの夏で待ってる』を思い出す。
『ストライクウィッチーズ』1期と同じ程度に面白い。
過去トリガーのアニメの中で一番好きかも。
Posted at 21:06 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.01

『勝手にふるえてろ』 大九明子

17年。間を空けず未見の妻と三回目の見直し。
『涼宮ハルヒ』、森田芳光、『ひみつの花園』、『モテキ』を思い出す。
終盤の口論が好き。
妻が珍しく気に入った様で、ちょっと驚く。
Posted at 21:03 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.12.01

BANANA FISH #20 征服されざる人々

コンテ、演出/久保雄介 制作協力/DR MOVIE

最近、やたらとコミカルな描写が目立っていたのは、
終盤のシリアス展開で余裕が無くなる前の遊び、発散だったのか。
Posted at 21:01 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.25

『勝手にふるえてろ』 大九明子

17年。原作/綿矢りさ(10年刊)、脚本/大九明子、脚本協力/樋口七海、撮影/中村夏葉。
同監督の映画美学校時代の第1作『意外と死なない』(99)は、公開当時劇場で観た思い出。
黒沢清『ドレミファ娘の血は騒ぐ』、中島哲也『嫌われ松子の一生』的。
珍しく一気に二回観る。松岡茉優が炸裂。
Posted at 20:07 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.25

『春の雪』 行定勲

05年。撮影補/福本淳。間を空けず見直し。
ヴィスコンティ、ベルトルッチ、『バリー・リンドン』を思い出す。
及川光博の起用は美輪明宏への目配せか。
綾倉聡子役は宮崎あおいの方が良かったのではと思う。
Posted at 20:06 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.22

『ナラタージュ』 行定勲

17年。原作/島本理生(05年刊)、脚本/堀泉杏、撮影/福本淳。
05年『春の雪』を視聴後、WOWOWで偶々見て興味がわいたので観る。
トリュフォー、成瀬的。岩井俊二とは似て非なる行定・恋愛映画の空気感は最近好きかも。
時系列がわかり辛いし、雰囲気は十分だったが、話の方は残念。
有村架純は凄く良かったけど、役柄的に松潤は違うのでは。
Posted at 22:17 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.22

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #6 死闘・第十一番惑星

コンテ/榎本明広

やはり『機動戦艦ナデシコ』を思い出す。
後半、ガトランティス艦(ガイゼンガン兵器群・カラクルム級戦闘艦)のメカデが良かった。
Posted at 22:14 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.22

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #5 激突!ヤマト対アンドロメダ

コンテ/中村里美

前半、加藤三郎と原田真琴の別れの場面のカット割りは、妻が描く同人マンガの様だった。
Posted at 22:13 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.18

BANANA FISH #19 氷の宮殿

コンテ、演出/牧田佳織 総作監/岸友洋

復調傾向。作画も演出も良かった。
Posted at 19:23 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.18

『第三世代(ドイツ/イスラエル)/さいたまネクスト・シアター世界最前線の演劇2』 さいたまネクスト・シアター

作/ヤエル・ロネン&ザ・カンパニー(08年初演)、演出/中津留章仁(トラッシュマスターズ)。
彩の国さいたま芸術劇場/NINAGAWA STUDIO(大稽古場)。全席自由(整理番号付)/¥3,000。
平日14:00開演、休憩無しの約2時間+アフタートーク20分(細田和江×林英樹)。
16年蜷川幸雄死去後では初めてネクストの主力が集結するので観る。
ドイツ×イスラエルの多言語演劇を日本語オンリーで上演。
ワーク・イン・プログレス、ワークショップ的、メタ演劇。
骨太な中津留演出、ネクストの芝居。長塚圭史、蜷川幸雄を思い出す。
冒頭は正直面食らったが、後半は普通に引き込まれる。
内田健司がやはり際立つ。歌は?だったが、佐藤蛍が可愛い。
清瀬ひかり(劇団青年座)は全く客演と思えないネクストへの馴染み方だった。


第三世代(ドイツ/イスラエル)
Posted at 19:22 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.11.18

『教祖誕生』 天間敏宏

93年。原作/ビートたけし(90年刊)、音楽/藤井尚之。
知人に貰ったBlu-rayで見直し。昔TVで観た記憶。
伊丹十三『マルサの女2』は88年。ビートたけしの世紀末新興宗教論。
北野映画的演出。主演5人(萩原聖人、ビートたけし、玉置浩二、岸部一徳、下條正巳)が濃くて良かった。
Posted at 19:18 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.17

『春の雪』 行定勲

「又、会ふぜ。きつと会ふ。滝の下で」

05年。原作/三島由紀夫(69年刊)、脚本/伊藤ちひろ、佐藤信介、撮影/李屏賓(リー・ピンビン)。
大正浪漫、メロドラマ文芸映画。松枝清顕と本多繁邦はBL輪廻転生。最晩年の岸田今日子。
『儀式』(71)、『悪魔が来りて笛を吹く』(73)、『愛のコリーダ』(76)、『御法度』(99)を思い出す。
主演の配役は疑問だが、三島が描く物語は面白い。
大楠道代、石橋蓮司は良かった。今まで観た行定映画の中で一番かも。
Posted at 04:01 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.15

『竜二』 川島透

83年。プロデューサー、企画/大石忠敏(川島透)、脚本/鈴木明夫(金子正次)、助監督/阪本順治。
知人に貰ったBlu-rayで観る。
ロマンポルノ的青春ヤクザ映画、阪本順治の源流、「プレイバックPart2」。
青山真治の『チンピラ』(96)は昔観た。
主題歌は長渕剛かと思えば萩原健一。
竜二の口上、桜金造が良かった。
Posted at 20:06 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.15

警視-K #1

80年。監督、脚本、主演/勝新太郎、制作/勝プロダクション。
知人に貰ったBlu-rayで観る。
79年『影武者』降板直後。
ヌーヴェルヴァーグと言うよりはジョン・カサヴェテス的。
川谷拓三が凄く良かった。
Posted at 20:05 | TVドラマ | COM(0) | TB(0) |
2018.11.10

『セールスマンの死』 長塚圭史

作/アーサー・ミラー、演出/長塚圭史、美術/二村周作。
KAAT/神奈川芸術劇場(ホール)。S席/¥8,500。
平日14:00開演、1幕1時間20分、休憩15分、2幕1時間40分、計3時間20分。
昨年末のチェルフィッチュ『三月の5日間』以来のKAAT。KAATのホールで観るのは14年の地点『光のない。』以来か。
吉田鋼太郎、豊原功補、八嶋智人に前後を挟まれながら観る(視認は出来なかったが、佐々木敦も同回で観劇だった様子)。
初演は49年。『市民ケーン』は41年、『失われた週末』は45年か。
ナイロン100℃『百年の秘密』の元ネタ。現代アメリカ家族崩壊劇、「フラッシュバックメモリーズ」。
風間杜夫が出突っ張り。同じく風間杜夫が主演だった赤堀雅秋『世界』を思い出す。
何となく素舞台、ワークショップ的な演出。ストイックで緊密な空気感。
田中哲司『浮標』、中村まこと『MAKOTO』と一貫した長塚圭史の中年男演劇。
『MAKOTO』同様、舞台美術が素晴らしい。相変わらず長塚演劇の女性キャストはエロくて綺麗。
長男役/山内圭哉のハイバイ『夫婦』を上回る100%シリアスな熱演が珍しい。
前半で寝落ちし掛けるが、カーテンコールで吉田鋼太郎が1人スタンディングオベーションしながら「ブラボー、杜夫!」と叫ぶ凄い回だった。


セールスマンの死
Posted at 19:36 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.11.08

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』 トム・ムーア

14年。WOWOWで偶々見て興味がわいたので観るアイルランドアニメ。
『まる子』の様なキャラデ。
アートアニメか往年の東映長編の様なビジュアル、デザイン。
『ポニョ』、『ハイジ』、『ユニコ/魔法の島へ』、『ピーターパンの冒険』を思い出す。
約90分尺の為か、話の方は食い足りなかった。
2018.11.08

『早春』 小津安二郎

56年。「サセレシア」(作曲/斎藤高順)。
翌年『東京暮色』同様の異色作。昭和30年、東京の情景。
不倫相手の岸惠子(23歳頃?)が若くて綺麗で悪女。
池部良は全く主演に見えないと言うか、大根。
小津の資質としては違うと思ったが、話が動き出すと面白い。
「シャンラン節」(ツーツーレロレロ)の飲み会も良かった。
笠智衆の終盤台詞も感慨深い。
Posted at 21:22 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.08

『黄金バット~幻想教師出現~』 劇団唐組

作/唐十郎、演出/久保井研、唐十郎、
絵/合田佐和子、劇中歌作曲/小室等、佐野史郎、安保由夫。
鬼子母神。全席自由/¥3,500。平日19:00開演、休憩2回、約2時間20分。
銀杏臭い境内。客席後方に元唐組の気田睦らしき方が。
初演は81年の状況劇場。14年のオルガンヴィトーで再演。
「風鈴学級」、黄金バット、中島みゆき「海鳴り」(78)、宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』、ゴッホ/アルル時代の黄色・耳切り、小松崎茂的「モグラタンク」(伊福部昭/劇伴)、宙乗り。
唐十郎少年時代の追憶。金隠し、赤痢菌等、スカトロ全開。今年前半の『吸血姫』と比べて下降。
今回は中盤、月船さらら(元宝塚)の怪演が出色。主演の藤井由紀が演じた役は、初演では李礼仙だったのか。
やはり野田秀樹、押井守を思い出す。


黄金バット~幻想教師出現~ 1

黄金バット~幻想教師出現~ 2
Posted at 02:52 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.11.08

『007 慰めの報酬』 マーク・フォースター

08年。前作同様、肉弾戦中心。
アルノー・デプレシャン映画の常連マチュー・アマルリックが悪役なので新鮮。
『007』近作の中では尺が短くて驚く。
Posted at 02:42 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.03

『お茶漬の味』 小津安二郎

52年。夫婦物。木暮実千代の妻が酷くて、
「インティメート(親密)でプリミティブ(素朴)な」佐分利信が可愛い。
笠智衆のパチンコ屋も良かった。
珍しく題名と内容が直結したので驚く。
Posted at 19:31 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.03

『007 カジノ・ロワイヤル』 マーティン・キャンベル

06年。サム・メンデスの二本(『スカイフォール』、『スペクター』)が良かったので観る。
サム・メンデスの画の厚みは無いが、ベルトルッチ『ドリーマーズ』(03)の主演だったエヴァ・グリーンは美しくて、
一新されたダニエル・クレイグのボンドやジュディ・デンチのMのキャラ、関係も面白い。
中盤の山場であるポーカー対決は『マルドゥック・スクランブル』を思い出す。
ジャンカルロ・ジャンニーニは何だか筒井康隆似。
原作寄りの所為か、『女王陛下の007』(69)を彷彿。
『007』の中でも傑作と言えるかも。
Posted at 19:30 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2018.11.02

『修道女たち』 KERA・MAP

作、演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ、美術/BOKETA、声の出演/林原めぐみ。
本多劇場。全席指定¥7,400。平日13:00開演、1幕75分、休憩15分、2幕105分、計3時間15分。
妻と観る。『睾丸』や『百年の秘密』の延長線上、修道女達の重喜劇、コント+マジックリアリズム。
ケラ版『沈黙』(遠藤周作)、『奇跡』(ドライヤー)。仕事の疲れもあり、前半は一部寝落ちする。
ラストの三段オチは、つかこうへい『熱海殺人事件』(白鳥の湖)や唐十郎、蜷川幸雄(列車)かと思う。
翻訳劇(ヘレン・ケラー)の様な鈴木杏。『密やかな結晶』に続く鈴木浩介。
伊勢志摩(大人計画)、犬山イヌコ(ナイロン100℃)の掛け合いが良かった。
カーテンコール3回を久し振りに見る。ケラ戯曲としては珍しくプロローグは構成的に蛇足だったのでは。
終盤の着ぐるみは未だ解釈に困る。


修道女たち
Posted at 10:32 | 演劇 | COM(0) | TB(0) |
2018.10.30

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #4 未知への発進!

コンテ、演出/加戸誉夫

本来は逆だが『機動戦艦ナデシコ』を思い出す。
前作『ヤマト2199』のバランス感は一貫して無いと言うか、
新規参入の視聴組を振り切るかの様な偏った印象。
Posted at 23:50 | アニメ(TV) | COM(0) | TB(0) |
2018.10.30

『ダークタワー』 ニコライ・アーセル

17年。原作/スティーヴン・キング(82~04年刊)。
『IT/イット』、『ゴールデンボーイ』、『ブレイブ ストーリー』、『ロード・オブ・ザ・リング』、『マトリックス』を思い出す。
後半のアクションは中々凄かったし、総じてコンパクトに纏まっていたが、
全7部構成の一大長編の映画化としては尺が短過ぎる。
Posted at 23:49 | 映画(洋画) | COM(0) | TB(0) |
2018.10.29

『氷菓』 安里麻里

17年。原作/米澤穂信、脚本/安里麻里、撮影/月永雄太。
やはり広瀬アリスは「千反田える」では無いし、
斉藤由貴の配役は年齢設定として合ってないと思うが、
それらを除けば存外忠実且つ丁寧な映画化で驚く。
Posted at 21:31 | 映画(邦画) | COM(0) | TB(0) |