FC2ブログ
2018.09.21

『チェンジリング』 クリント・イーストウッド

08年。撮影/トム・スターン。「取り替え子」。
相変わらず陰惨極まる、えげつない古典的クリント・イーストウッド映画
そのまま往年の実録・冤罪・投獄・裁判・死刑執行物であり、正統アメリカ映画。
養鶏場一連は西部劇を思わせる演出で、その回想は70年代的ニューロティック。
サム・ペキンパー、ドン・シーゲルを思い出す。
この記事へのトラックバックURL
http://chocolate0712.blog.fc2.com/tb.php/2170-f166a33c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する