FC2ブログ
2018.10.24

『カフェ・ソサエティ』 ウディ・アレン

「時は過ぎ、人生は進む。人も変わる。」
「酷い年だったからページを捲る」

16年。撮影/ヴィットリオ・ストラーロ。
『サンセット大通り』、『ブロードウェイと銃弾』。
爛熟晩期アレン映画。ストラーロの撮影が素晴らしい。
大島渚『ハリウッド・ゼン』を夢想しながら観る。
『ソーシャル・ネットワーク』(10)のジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公は余りにアレン的。
ヒロインのクリステン・スチュワートは『パニック・ルーム』(02)の娘役なのか。
この記事へのトラックバックURL
http://chocolate0712.blog.fc2.com/tb.php/2196-f3ab1274
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する