FC2ブログ
2018.11.02

『修道女たち』 KERA・MAP

作、演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ、美術/BOKETA、声の出演/林原めぐみ。
本多劇場。全席指定¥7,400。平日13:00開演、1幕75分、休憩15分、2幕105分、計3時間15分。
妻と観る。『睾丸』や『百年の秘密』の延長線上、修道女達の重喜劇、コント+マジックリアリズム。
ケラ版『沈黙』(遠藤周作)、『奇跡』(ドライヤー)。仕事の疲れもあり、前半は一部寝落ちする。
ラストの三段オチは、つかこうへい『熱海殺人事件』(白鳥の湖)や唐十郎、蜷川幸雄(列車)かと思う。
翻訳劇(ヘレン・ケラー)の様な鈴木杏。『密やかな結晶』に続く鈴木浩介。
伊勢志摩(大人計画)、犬山イヌコ(ナイロン100℃)の掛け合いが良かった。
カーテンコール3回を久し振りに見る。ケラ戯曲としては珍しくプロローグは構成的に蛇足だったのでは。
終盤の着ぐるみは未だ解釈に困る。


修道女たち
この記事へのトラックバックURL
http://chocolate0712.blog.fc2.com/tb.php/2207-a12274f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する